SU薬使用者へのDPP4阻害薬追加で低血糖リスクは50%増えるかも。

論文紹介

■ 試験デザイン

STUDY SELECTION:Placebo controlled randomised trials comprising at least 50 participants with type 2 diabetes treated with DPP-4 inhibitors and sulphonylureas.

TPECOに分けると下記のようになります
T システマティックレビュー
P SU薬を使用中の糖尿病患者
E DPP4阻害薬
C プラセボ
O 低血糖の出現



■ 結果

The risk ratio of hypoglycaemia was 1.52 (95% confidence interval 1.29 to 1.80). The NNH was 17 (95% confidence interval 11 to 30) for a treatment duration of six months or less, 15 (9 to 26) for 6.1 to 12 months, and 8 (5 to 15) for more than one year. In subgroup analysis, no difference was found between full and low doses of DPP-4 inhibitors: the risk ratio related to full dose DPP-4 inhibitors was 1.66 (1.34 to 2.06), whereas the increased risk ratio related to low dose DPP-4 inhibitors did not reach statistical significance (1.33, 0.92 to 1.94).

血糖降下薬を追加すると低血糖になりやすい。至極当然な結果です。
これだけではあまり参考にならないような論文です。できれば、DPP4阻害薬の開始時点でのHbA1cやSU薬の使用量などが記載してあればもっと参考になる論文になったのではないかと思います。

ひとまずSU使用者にDPP4阻害薬を追加する場合は、低用量で開始することが大事ですね。



■ 参照文献
Salvo F et al., BMJ. 2016 May 3;353:i2231. PMID: 27142267