GLP1作動薬はDPP4阻害薬よりも総死亡を減らすかもしれない

論文紹介

GLP1作動薬はコストや利便性の側面から、DPP4阻害薬よりも使いにくいと思っていましたが、このような報告がでていましたので、紹介します。

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T 6つのRCTをメタ分析:DPP4阻害薬3つ GLP1作動薬3つ
P 2型糖尿病患者and心血管リスクが高い患者
E GLP1作動薬、DPP4阻害薬
C プラセボ
O CV outcomes、膵臓事象、低血糖症

*CV outcomes=MACE(all-cause mortality, CV mortality, major adverse CV events), nonfatal myocardial infarction (MI), nonfatal stroke and heart failure hospitalization. In addition, the incidences of pancreatic outcomes (acute pancreatitis and pancreatic cancer) and hypoglycemia (any hypoglycemia and severe hypoglycemia)



■ 結果

When we evaluated the combined effect of six trials, the results suggested that incretin-based treatment had no significant effect on overall risks of CV and pancreatic outcomes compared with placebo. However, GLP-1As reduced all-cause death (RR = 0.90, 95% CI 0.82-0.98) and CV mortality (RR = 0.84, 95% CI 0.73-0.97)




■ 副作用

whereas DPP-4Is had no significant effect on CV outcomes but elevated the risk for acute pancreatitis (OR = 1.76, 95% CI 1.14-2.72) and hypoglycemia (both any and severe hypoglycemia), while GLP-1As lowered the risk of severe hypoglycemia.




個人的にはDPP4阻害薬よりもGLP1作動薬のほうが、膵炎になりそうな印象を持っていたので、DPP4阻害薬で膵炎が1,76倍にも増えるのは少々意外でした。この結果をみると総死亡と膵炎に関してはGLP1作動薬のほうがよさそうですね。
観察期間が2.6年程度ですので、この差が開いていくのか、縮まるのか、そのままなのかが今後の課題になっていくでしょう。
コストと利便性との兼ね合いですが、体重減少効果もあることから、GLP1作動薬はもっと広まってもよさそうですね。



■ 参照文献
Zhang Z et al., Cardiovasc Diabetol. 2017 Mar 1;16(1):31. PMID: 28249585