1998年から2014年において1型, 2型糖尿病患者の死亡率は減少している。

論文紹介

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T 後ろ向きコホート
P 1998年から2012年までスウェーデン国家糖尿病登録簿に登録された患者
E&C 1型糖尿病、2型糖尿病、対照群(一般集団) 
O 死亡および心血管イベント



■ 結果

Among patients with type 1 diabetes, absolute changes during the study period in the incidence rates of sentinel outcomes per 10,000 person-years were as follows: death from any cause, -31.4 (95% confidence interval [CI], -56.1 to -6.7); death from cardiovascular disease, -26.0 (95% CI, -42.6 to -9.4); death from coronary heart disease, -21.7 (95% CI, -37.1 to -6.4); and hospitalization for cardiovascular disease, -45.7 (95% CI, -71.4 to -20.1).

Absolute changes per 10,000 person-years among patients with type 2 diabetes were as follows: death from any cause, -69.6 (95% CI, -95.9 to -43.2); death from cardiovascular disease, -110.0 (95% CI, -128.9 to -91.1); death from coronary heart disease, -91.9 (95% CI, -108.9 to -75.0); and hospitalization for cardiovascular disease, -203.6 (95% CI, -230.9 to -176.3).

Patients with type 1 diabetes had roughly 40% greater reduction in cardiovascular outcomes than controls, and patients with type 2 diabetes had roughly 20% greater reduction than controls. Reductions in fatal outcomes were similar in patients with type 1 diabetes and controls, whereas patients with type 2 diabetes had smaller reductions in fatal outcomes than controls.

1型および2型いずれでも糖尿病の1万人年あたりの死亡数が減少しております。
非糖尿病の方も死亡数が減っているかもしれないので、糖尿病の治療効果を検討するためにこれを対照群と比較する必要があります。

致死的なイベントの減少率を対照群と比較すると、
1型糖尿病に関しては対照群と同等だったようですが、2型糖尿病に関しては、対照群よりも減少率が少なかったようです。

誤解してはいけないことですが、これは2型糖尿病の治療が無意味ということではありません。
それでも、致死的イベントの減少率が対照群よりも小さいということは、より副作用が少なく効果の大きな治療法が必要ですね。



■ 参照文献
Rawshani A et al., N Engl J Med. 2017 Apr 13;376(15):1407-1418. PMID: 28402770