ピオグリタゾンはNASHの線維化を改善する。

論文紹介

脂肪肝に関しては体重減少や運動療法といった生活習慣の改善以外に、まだ十分な治療薬が見つかっていません。また脂肪肝の中でも、非アルコール性脂肪肝の一種であるNASHは肝臓の線維化が進み肝硬変に移行することがあります。

糖尿病患者さんには、単純性脂肪肝やNASHを合併した方がおり治療に苦労することもあります。
そんな中で今回の論文を見つけたので読んでみました。

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T メタアナリシス
P NASH患者 516名
E&C ピオグリタゾン使用の有無
O 線維症の改善



■ 結果

Among all studies combined, thiazolidinedione therapy was associated with improved advanced fibrosis (OR, 3.15; 95% CI, 1.25-7.93; P = .01; I2 = 0%), fibrosis of any stage (OR, 1.66; 95% CI, 1.12-2.47; P = .01; I2 = 0%), and NASH resolution (OR, 3.22; 95% CI, 2.17-4.79; P < .001; I2 = 0%).

Analyses restricted to RCTs enrolling patients without diabetes yielded similar results for improvement in advanced fibrosis (OR, 2.95; 95% CI, 1.04-10.90; P = .02; I2 = 0%), improvement in fibrosis of any stage (OR, 1.76; 95% CI, 1.02-3.03; P = .02; I2 = 0%), and NASH resolution (OR, 3.40; 95% CI, 1.95-5.93; P < .001; I2 = 0%). All effects were accounted for by pioglitazone use.

Weight gain and lower limb edema occurred more frequently with thiazolidinedione therapy (initial body weight +2.70%; 95% CI, 1.96%-4.34%; P = .001). The small sample size of included RCTs prevented evaluation of more serious adverse effects of thiazolidinedione therapy.

肝臓の線維化改善が直接寿命や健康を改善するとは言えないものの、NASHに対する有効な治療薬がない
現象では、今回のピオグリタゾンの治療効果報告は意義のあるものなのではないでしょうか?

最近ではGLP-1作動薬も脂肪肝に効果があるという論文も出てきているので、少しずつ打つ手が増えてくると良いですね。



■ 参照文献
Musso G et al., JAMA Intern Med. 2017 May 1;177(5):633-640.
PMID: 28241279