糖尿病患者では帯状疱疹罹患率が高い。

論文紹介

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T 症例対照研究
P 
カナダのプライマリーケアネットワークに登録された患者
で2年に1度は家庭医に受診している患者。

E&C 糖尿病患者+非糖尿病患者 vs 糖尿病患者
O 水痘帯状疱疹への感染と合併症



■ 結果

The prevalence of HZ in the CPCSSN population was 2.23%
and increased with age. In people with diabetes, it was 4.03% (male=3.61%, female=4.47%). The adjusted odds ratio of having VZV in people with diabetes was 1.08(95%C.I. 1.036, 1.125).

この論文による報告では糖尿病患者さんで帯状疱疹罹患率は増えるものの、自分が思っていたほどではないです。これは年齢による因子の方が大きいためかもしれないですね。

本論文のconclusionでも他のレポートより低いと記載されているので、もう少し調べてみる必要がありそうです。



■ 参照文献
John A. Queenan et al., Canadian Journal of Diabetes. 2016 Oct ;40(5):S17
pubmedでは見当たらず