HDL-Cは高すぎてもよくない。総死亡との関係はU字型。

論文紹介

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T 前向きコホート
P コペンハーゲンの一般人口
  男性 52,268
  女性 64240

E&C HDLコレステロール値
O 総死亡




■ 結果

The association between HDL cholesterol concentrations and all-cause mortality was U-shaped for both men and women, with both extreme high and low concentrations being associated with high all-cause mortality risk. The concentration of HDL cholesterol associated with the lowest all-cause mortality was 1.9 mmol/L (95% CI: 1.4-2.0) (73 mg/dL (54-77)) in men and 2.4 mmol/L (1.8-2.5) (93 mg/dL (69-97)) in women. When compared with the groups with the lowest risk, the multifactorially adjusted hazard ratios for all-cause mortality were 1.36 (95% CI: 1.09-1.70) for men with HDL cholesterol of 2.5-2.99 mmol/L (97-115 mg/dL) and 2.06 (1.44-2.95) for men with HDL cholesterol ≥3.0 mmol/L (116 mg/dL). For women, corresponding hazard ratios were 1.10 (0.83-1.46) for HDL cholesterol of 3.0-3.49 mmol/L (116-134 mg/dL) and 1.68 (1.09-2.58) for HDL cholesterol ≥3.5 mmol/L (135 mg/dL).

U字型である。
とうたっていながら、画像がなくてすみません。

HDL-Cは善玉コレステロールと呼ばれることがありますが、やはり高すぎるとよくないようです。
 男性116 mg/dLのHRは2.06
 女性135 mg/dLのHRは1.68
とHRは結構あります。

アブストラクトには、死亡原因までは記載されていませんでした。
死亡原因や介入方法についてこの論文だけで判断するのではなく、今後の報告を見ながら対策をしていく必要があると思います。



■ 参照文献
Madsen CM al., Eur Heart J. 2017 Apr 12.
PMID: 28419274