インスリンデグルデグはグラルギンと同程度の心血管イベントでかつ重症低血糖が少ない。

論文紹介

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T RCT time to event 30ヶ月
P 2型糖尿病患者 n=7,637
E イングリンデグルデク(商品名トレシーバ) n=3818
C インスリングラルギン(商品名ランタスU100) n=3819
O 複合エンドポイント=心臓血管死 + 非致死的心筋梗塞 + 非致死的脳卒中

■ 結果

The primary outcome occurred in 325 patients (8.5%) in the degludec group and in 356 (9.3%) in the glargine group (hazard ratio, 0.91; 95% confidence interval, 0.78 to 1.06; P<0.001 for noninferiority). At 24 months, the mean glycated hemoglobin level was 7.5±1.2% in each group, whereas the mean fasting plasma glucose level was significantly lower in the degludec group than in the glargine group (128±56 vs. 136±57 mg per deciliter, P<0.001). Prespecified adjudicated severe hypoglycemia occurred in 187 patients (4.9%) in the degludec group and in 252 (6.6%) in the glargine group, for an absolute difference of 1.7 percentage points (rate ratio, 0.60; P<0.001 for superiority; odds ratio, 0.73; P<0.001 for superiority). Rates of adverse events did not differ between the two groups.

既存の時効型インスリンであるランタスと比較した非劣性試験です。
心血管イベントは有意差がなく、また重症低血糖の頻度はHR0.60と低いという結果でした。



アルゴリズムは上記になっておりますが、必要に応じて目標血糖値を高くすることは認められていた様です。そのためより実臨床に近い形になっているのではないかと思います。

製品名 薬価
トレシーバ注 フレックスタッチ 300単位 ¥2,619
ランタスXR注ソロスター 450単位 ¥3,102
後発品 インスリン グラルギンBS注キット「FFP」 300単位 ¥1,528
後発品 インスリン グラルギンBS注ミリオペン「リリー」 300単位 ¥1,612




2017/6/20に調べた範囲では時効型インスリンの薬価は下記の様になっておりました。
■ 参照文献
Marso SP et al., N Engl J Med. 2017 Jun 12.
PMID: 28605603