糖尿病患者に対するARBと心血管イベント。

論文紹介

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T population-based cohort study
P カナダオンタリオ州に住む,66歳以上の糖尿病患者のうち下記ARBの治療を開始したもの
E&C カンデサルタン、イルベサルタン、ロサルタン、テルミサルタン、バルサルタン
O 複合エンドポイント = 心不全による入院 + 急性心筋梗塞 + 脳卒中



■ 結果

In the main analysis, the primary outcome (admission to hospital for either acute myocardial infarction, heart failure or stroke) occurred in 2712 (5.0%) patients taking an angiotensin-receptor blocker. After multivariable adjustment (Appendix 2), we found that telmisartan (adjusted hazard ratio [HR] 0.85, 95% confidence interval [CI] 0.74–0.97) and valsartan (adjusted HR 0.86, 95% CI 0.77–0.96) were associated with a significantly lower risk of the primary outcome when compared with irbesartan. In contrast, we found no difference in the risk of the primary outcome between irbesartan and either losartan (adjusted HR 0.93, 95% CI 0.83–1.05) or candesartan (adjusted HR 0.99, 95% CI 0.89–1.11) (Figure 1).

RAS系阻害薬としてはACEiが基本であるものの、合剤がなく薬の錠数が多くなってしまったりといったことから、ACEiのみでコントロールできなさそうな人にはARBで開始しているのが現状です。
テルミサルタンの先発薬であるミカルディスだと、合剤にミカムロ、ミコンビ、ミカトリオがあって使いやすく、また後発薬がで始めたことから値段も下がってさらに使いやすくなるのではないでしょうか?



■ 参照文献
Antoniou T et al., CMAJ. 2013 Sep 3;185(12):1035-41.  
PMID: 23836857