ディジュリドゥを習うと閉塞型無呼吸が改善されるかも。

論文紹介

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T RCT
P 18歳以上でAHIが15~30の患者25名
E&C ディジュリドゥレッスンあり vs なし
O 
日中の眠気(Epworth scale)
睡眠の質、パートナーによる睡眠妨害の評価、AHI、QOL




■ 結果

Compared with the control group in the didgeridoo group daytime sleepiness (difference -3.0, 95% confidence interval -5.7 to -0.3, P = 0.03) and apnoea-hypopnoea index (difference -6.2, -12.3 to -0.1, P = 0.05) improved significantly and partners reported less sleep disturbance (difference -2.8, -4.7 to -0.9, P < 0.01). There was no effect on the quality of sleep (difference -0.7, -2.1 to 0.6, P = 0.27). The combined analysis of sleep related outcomes showed a moderate to large effect of didgeridoo playing (difference between summary z scores -0.78 SD units, -1.27 to -0.28, P < 0.01). Changes in health related quality of life did not differ between groups.

ディジュリドゥはオーストラリア大陸の先住民族アボリジニの楽器で、音がなかなかかっこいい。
演奏には循環呼吸法をはじめとした上気道、下気道の調節が必要になようでこれをOSASの練習に使ってみたようです。練習時間は1回約25分週に6日を4ヵ月で、スコアの改善を認めています。

高校時代の英語教師がディジュリドゥを自作して吹いてたのを思い出しました。







■ 参照文献
Puhan MA et al., BMJ. 2006 Feb 4;332(7536):266-70.
PMID: 16377643

名古屋糖尿病内科クリニック
糖尿病専門医 平井博之