6項目の質問で2型糖尿病患者の低血糖リスクを評価

論文紹介

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T 分割サンプルデザインによる予測ツリー作成
   後ろ向きコホートによる精度検証”
P 2型糖尿病
E&C 低血糖リスク階層化ツール
O 低血糖関連による救急の受診



■ 結果

We categorized the predicted 12-month risk of any hypoglycemia-related utilization as high (>5%), intermediate (1%-5%), or low (<1%). In the internal validation sample, 2.0%, 10.7%, and 87.3% were categorized as high, intermediate, and low risk, respectively, with observed 12-month hypoglycemia-related utilization rates of 6.7%, 1.4%, and 0.2%, respectively. There was good discrimination in the internal validation KPNC sample (C statistic = 0.83) and both external validation samples (Veterans Health Administration: C statistic = 0.81; Group Health Cooperative: C statistic = 0.79).

内部検証はうまく予測できているようですね。

6つの質問項目は以下のとおりです。
・低血糖関連による受診回数
・インスリンの使用
・SU薬の使用
・昨年の救急外来受診回数 *低血糖関連以外も含む
・慢性腎不全の段階 
・年齢

アルゴリズムに関しては、コアな部分でありAbstractにも記載がないこと、有料であることより、この投稿への転記は控えておきます。ご興味のあるかたは、本文から手に入れてください。



■ 参照文献
Karter AJ et al., JAMA Intern Med. 2017 Oct 1;177(10):1461-1470. 
PMID: 28828479