「FreeStyleリブレ」が妊娠中女性でも使用可能になりました。

「FreeStyleリブレ」が妊娠中女性でも使用可能になりました。

 

妊娠中の糖尿病および妊娠糖尿病の患者さんは1日7回の自己血糖測定をすることが多く負担になっておりました。

保険の制約上、FreeStyleリブレでも引き続き1日4回の自己血糖測定が必要ですが、回数が減るだけでも意義は大きいと考えます。

当院へは、妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠の方が受診しておりますので、この改定より積極的に当院でもFreeStyleリブレを使用していきたいと思います。

特に妊娠中の血糖管理に関しては、通常のコントロールよりも慎重な管理が必要になってくるので、FreeStyleリブレが使えるとありがたいですね。

 

また当院では診療機会少ないですが、「人工透析を受けている患者」、関しても禁忌が解除されております。 「6歳未満の患者」の禁忌については「4歳未満の患者」に変更となっております。

ref
日本糖尿病・妊娠学会,「FreeStyleリブレ」および「FreeStyleリブレpro」妊娠中の女性への使用禁忌解除について