禁煙すると体重増加と2型糖尿病発症リスクは上がるけど、死亡率は下がるよ。

論文紹介

喫煙による健康被害と体重増加による健康被害の影響はどちらも周知されています。
また喫煙者が禁煙すると体重が増加することもわかっており、そうすると禁煙による健康へのプラス部分と体重増加によるマイナス部分がどのくらいなの? という疑問がでてくるのですが、この論文が参考になります。

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T: 試験デザイン コホート研究サブ解析? Abstractのみでは不明
P: 患者背景 米国人男女 最近禁煙した人
E: 介入 禁煙した人
C:比較 禁煙しなかった人 禁煙後体重増加した人
O: アウトカム
2型糖尿病発症
心血管死亡
総死亡

■ 結果

The risk of type 2 diabetes was higher among recent quitters (2 to 6 years since smoking cessation) than among current smokers (hazard ratio, 1.22; 95% confidence interval [CI], 1.12 to 1.32). The risk peaked 5 to 7 years after quitting and then gradually decreased. The temporary increase in the risk of type 2 diabetes was directly proportional to weight gain, and the risk was not increased among quitters without weight gain (P<0.001 for interaction). In contrast, quitters did not have a temporary increase in mortality, regardless of weight change after quitting. As compared with current smokers, the hazard ratios for death from cardiovascular disease were 0.69 (95% CI, 0.54 to 0.88) among recent quitters without weight gain, 0.47 (95% CI, 0.35 to 0.63) among those with weight gain of 0.1 to 5.0 kg, 0.25 (95% CI, 0.15 to 0.42) among those with weight gain of 5.1 to 10.0 kg, 0.33 (95% CI, 0.18 to 0.60) among those with weight gain of more than 10.0 kg, and 0.50 (95% CI, 0.46 to 0.55) among longer-term quitters (>6 years since smoking cessation). Similar associations were observed for death from any cause.

禁煙により2型糖尿病発症リスクはありそうです。
しかし、それでも死亡率を下げる効果はあり、 禁煙後の死亡率を下げる効果は体重増加があったとしても最大でHR 0.25という驚異的な数字がでております。

みなさん禁煙しましょう。

 

■ 参照文献
Hu Y et al., N Engl J Med. 2018 Aug 16;379(7):623-632.
PMID: 30110591

名古屋糖尿病内科クリニック 院長・糖尿病専門医 平井博之