フェブリスタット(フェブリク)はアロプリノールよりも死亡率が多いかも。

論文紹介(医療従事者向け)

2019/2/21にフェブキソスタットについてFDAが警告を出したので、こちらの論文を読んでみました。

 

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T: 試験デザイン
RCT, 多施設二重盲検非劣性試験
modified ITT

P: 患者背景 痛風患者
E&C: 介入&比較
フェブキソスタット
vs
アロプリノール
UA<6mg/dLを目標に増量

O: アウトカム
主要評価項目
心血管死、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中、不安定狭心症、血行再建術

■ 結果

The trial regimen was discontinued in 56.6% of patients, and 45.0% discontinued follow-up. In the modified intention-to-treat analysis, a primary end-point event occurred in 335 patients (10.8%) in the febuxostat group and in 321 patients (10.4%) in the allopurinol group (hazard ratio, 1.03; upper limit of the one-sided 98.5% confidence interval [CI], 1.23; P=0.002 for noninferiority). All-cause and cardiovascular mortality were higher in the febuxostat group than in the allopurinol group (hazard ratio for death from any cause, 1.22 [95% CI, 1.01 to 1.47]; hazard ratio for cardiovascular death, 1.34 [95% CI, 1.03 to 1.73]). The results with regard to the primary end point and all-cause and cardiovascular mortality in the analysis of events that occurred while patients were being treated were similar to the results in the modified intention-to-treat analysis.

 

この結果を見てしまうとフェブキソスタットは使いにくいです。 フェブリク よりもアロプリノールの方がエビデンス上は安全なのですが、 アロプリノールのSJSやTENの副作用が印象的すぎてフェブリクからアロプリノールに切り替えるのに感情的な抵抗があります。

 

少し冷静になって、アロプリノールの効果とリスクについて、またフェブリク代替薬の候補であるトピロキソスタットについて調べた後、高尿酸血症中止も踏まえて提案できるようにしていきます。

 

当院でフェブキソスタット(商品名フェブリク)を処方されている患者様にはご迷惑と心配をお掛けしますが、 より安全な治療方針を提案できるように準備致しますので、ご理解いただければ幸いです。

 

■ 参照文献

  1. https://www.fda.gov/Drugs/DrugSafety/ucm631182.htm
  2. White WB et al., N Engl J Med. 2018 Mar 29;378(13):1200-1210. PMID: 29527974
名古屋糖尿病内科クリニック 院長・糖尿病専門医 平井博之