肥満成人への体重介入は死亡率を下げる。

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T: 試験デザイン meta-analyses of RCT
P: 対象
肥満成人に対する食事療法
運動療法に関しては有無を問わない
1年以上経過を観察したRCT
E:介入  体重減少介入あり 食事療法 ± 運動療法
C:対象 コントロール
O: 結果 総死亡、心血管死亡、癌死亡、心血管疾患、癌、体重減少

■ 結果

For the primary outcome, high quality evidence showed that weight loss interventions decrease all cause mortality (34 trials, 685 events; risk ratio 0.82, 95% confidence interval 0.71 to 0.95), with six fewer deaths per 1000 participants (95% confidence interval two to 10). For other primary outcomes moderate quality evidence showed an effect on cardiovascular mortality (eight trials, 134 events; risk ratio 0.93, 95% confidence interval 0.67 to 1.31), and very low quality evidence showed an effect on cancer mortality (eight trials, 34 events; risk ratio 0.58, 95% confidence interval 0.30 to 1.11). Twenty four trials (15 176 participants) reported high quality evidence on participants developing new cardiovascular events (1043 events; risk ratio 0.93, 95% confidence interval 0.83 to 1.04). Nineteen trials (6330 participants) provided very low quality evidence on participants developing new cancers (103 events; risk ratio 0.92, 95% confidence interval 0.63 to 1.36).

体重減少は血糖値、血圧、脂質の値を下げるものの、総死亡に対してどのぐらい効果があるのかを調べた研究です。
このような値の改善から、主に心血管イベントを下げるのではないかと思われがちなのですが、この研究によると心血管イベントに対する効果ははっきりしないようでした。あくまでも統計的にはっきりしないということで、心血管死亡、癌死亡との関連ははっきりしないものの、総死亡は減っているので、少なくとも現実的にはどちらかは減少するのではないかと思います。

■ 参照文献
Ma C et al. ,BMJ. 2017 Nov 14;359:j4849.
PMID: 29138133

名古屋糖尿病内科クリニック 院長・糖尿病専門医 平井博之

 

タイトルとURLをコピーしました