収縮期血圧を10mmHg下げると、死亡率は13%ほど下がるかも。

論文紹介等

高血圧が心臓病や脳卒中などの心血管イベントを増やすことは結構知られていると思います。

では、実際に血圧を下げるとどのくらい効果があるのでしょうか。

 

■ 試験デザイン
TPECOに分けると下記のようになります
T: 試験デザイン
systematic review and meta-analysis

P: 患者背景
高血圧患者

E: 介入 C:比較
収縮期血圧10mmHgの低下

O: アウトカム
心血管イベント
冠動脈疾患、脳卒中、心不全、腎不全、総死亡

■ 結果

Every 10 mm Hg reduction in systolic blood pressure significantly reduced the risk of major cardiovascular disease events (relative risk [RR] 0·80, 95% CI 0·77-0·83), coronary heart disease (0·83, 0·78-0·88), stroke (0·73, 0·68-0·77), and heart failure (0·72, 0·67-0·78), which, in the populations studied, led to a significant 13% reduction in all-cause mortality (0·87, 0·84-0·91). However, the effect on renal failure was not significant (0·95, 0·84-1·07). Similar proportional risk reductions (per 10 mm Hg lower systolic blood pressure) were noted in trials with higher mean baseline systolic blood pressure and trials with lower mean baseline systolic blood pressure (all ptrend>0·05). There was no clear evidence that proportional risk reductions in major cardiovascular disease differed by baseline disease history, except for diabetes and chronic kidney disease, for which smaller, but significant, risk reductions were detected.

 

この報告によると、収縮期血圧10mmHg下げると死亡率が13%ほど下げることが期待できるようです。 Abstractには糖尿病では非糖尿病よりも効果が落ちると記載があったので、ここの部分のみ本文からも引用しています。 糖尿病があっても、収縮期血圧10mmHg下げることによる死亡率減少効果はしっかりありそうです。

 

また降圧効果はベースラインの高血圧程度にかかわらず、効果が期待できます。 ここの部分に関しては本文を参照してください(商業誌なのでなるべく本文には触れないようにしています)。

 

■ 参照文献
Ettehad D et al., Lancet. 2016 Mar 5;387(10022):957-967.
PMID: 26724178

 

名古屋糖尿病内科クリニック 院長・糖尿病専門医 平井博之

 

タイトルとURLをコピーしました