HPVワクチンと妊娠について

  • 妊娠中のHPVワクチン接種は推奨されない。
  • 接種前の妊娠検査は不要。
  • HPVワクチン接種後に妊娠が発覚した場合は、出産後まで残りの接種を延長させる。
  • 授乳中のHPVワクチン接種は可能。

安全性に関する情報が限られるため、妊娠中のHPVワクチン接種は推奨されていないです。

ただし、利用できるエビデンスからはワクチン接種後に妊娠発覚した場合でも、妊娠のリスクは増加しないと報告されています。

サブユニットワクチンであるHPVワクチンは母乳育児の安全性に問題はないため、授乳中の女性はHPVワクチンを打つことができます。

文献

  1. Human Papillomavirus Vaccination for Adults: Updated Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices
  2. HPV Vaccine Information For Young Women
タイトルとURLをコピーしました