dm-nagoya

論文紹介等

経口セマグルチドは20mgで皮下1mgのセマグルチドと同じぐらいの効果

この論文で経口セマグルチドの効果が結構良さそうだったのですが、皮下注射のセマグルチドよりも効果が劣っている印象でした。 そこで、経口セマグルチドと皮下経口セマグルチドの比較論文を探したところ、見つけたので読んでみました。 ...
論文紹介等

経口セマグルチドはシタグリプチンより効果ありそうだぞ。

GLP1作動薬のセマグルチドが薬価収載でごたごたしているうちに、経口セマグルチドが出てきそうな勢いですね。 シタグリプチンとの比較論文がでたのでAbstractの紹介です。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります...
論文紹介等

HIITは通常の運動よりもインスリン抵抗性を改善するかも。

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン meta-analysis P: 患者背景 成人参加者(1型糖尿病は除外) E: 介入 HIIT C:比較 CON (対象) CT(継...
論文紹介等

HIITは普通の有酸素運動よりも体脂肪を下げるかも

HIITの体脂肪についてのメタ分析がでてきたので、読んでみました。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン Systematic review and meta-analysis P: 患...
論文紹介等

カーボカウント用計算機

カーボカウント用の計算機をつくりました。 炭水化物インスリン比は500ルール、 インスリン効果比は1800ルールを使用しています。 いろんな導入方法があり、これは一つの方法です。 あくまでもカーボカウント導入時の参考で...
論文紹介等

インスリン注射は服の上からでも安全かもしれない。

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン 20-week single-blinded prospective crossover study P: 患者背景 インスリン治療中の糖尿病患者...
論文紹介等

オンライン診療等まとめと当院の方針 2019/03/04時点

オンライン診療について勉強会に行ってきたので、まとめてみました。 結論から先に記載すると、当院はしばらく下記の方針とします。 オンライン診療はしばらく対応なし オンライン受診勧奨・遠隔医療相談に関しては考慮していく ...
論文紹介(医療従事者向け)

フェブリスタット(フェブリク)はアロプリノールよりも死亡率が多いかも。

2019/2/21にフェブキソスタットについてFDAが警告を出したので、こちらの論文を読んでみました。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン RCT, 多施設二重盲検非劣性試験 ...
論文紹介等

血糖値とHbA1cの単位変換用計算機

作ってみたので利用してください。 間違いがあったらお問い合わせより連絡ください。  各自の責任で利用してください。 名古屋糖尿病内科クリニック 院長・糖尿病専門医 平井博之
論文紹介等

フルーツなどの果糖成分による糖尿病への影響ははっきりしないっぽい

糖尿病患者さんに対する果物の影響について興味があったので調べていたところ、この論文を見つけたので紹介です。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン systematic review...