dm-nagoya

論文紹介

1型糖尿病への常用量エンパグリフロジンはケトアシドーシスを増やすかも

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T:試験デザイン double-blind, placebo-controlled phase 3 trials 26w P:患者背景 1型糖尿病 E: 介...
患者さん向け情報

FreeStyleリブレについて(2018/09/07)

以前の投稿記事「FreeStyleリブレと保険適用上の制約について(2017/10/18作成)」がよく読まれているようですが、2018/09/07時点と対応が変わっていますので、改めてまとめておきます。 FreeStyleリ...
論文紹介

禁煙すると体重増加と2型糖尿病発症リスクは上がるけど、死亡率は下がるよ。

喫煙による健康被害と体重増加による健康被害の影響はどちらも周知されています。 また喫煙者が禁煙すると体重が増加することもわかっており、そうすると禁煙による健康へのプラス部分と体重増加によるマイナス部分がどのくらいなの? という疑問がでてく...
論文紹介

糖尿病患者に対するアスピリン一次予防は心血管疾患を減らすが、出血を増やす。

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン RCT f/u 7.4年 P: 患者背景 成人糖尿病患者で心血管イベントの既往をもたないもの E: 介入 アスピリン 100mg/day C:比...
論文紹介

Closed-loopによる血糖管理は一般病床でも効果ありそう。

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン randomized, open-label trial P: 患者背景 2型糖尿病患者 一般病棟入院中 E: 介入 closed-loo...
論文紹介

1型糖尿病に対するダパグリフロジンはHbA1cを改善するが、DKAを増やす

1型糖尿病にSGLT2阻害薬であるダパグリフロジン(フォシーガ)を使用した臨床試験です。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン double-blinded, RCT, 24W P: 患...
論文紹介

ABIスクリーニングでみつけた低ABI患者へのアスピリン投与は効果ないかも

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン Systematic Review P: 患者背景 心血管疾患の既往がなく自覚症状のない成人 E: 介入 ABIあり C:比較 ABIなし O: ア...
論文紹介

アカルボースに心血管イベントの抑制効果はないっぽい

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン RCT, double blind, ITT, 中央値5年 P: 患者背景 中国人 冠動脈疾患をもつ患者 耐糖能障害をもつ患者 E:...
論文紹介

セマグルチドはエキセナチドERよりもHbA1cと体重に効果ありそう

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン open label RCT 56W P: 患者背景 経口抗糖尿病薬を服用している2型糖尿病患者813例 E: 介入 セマグルチド 1.0mg C:比...
NO IMAGE 患者さん向け情報

入浴前の4分間で運動習慣をつくろう

持病のある方は運動を始める前に主治医と相談しましょう 新しい習慣を作るのはなかなか難しいことですね。 運動習慣を作るおすすめ方法は、タイミングを決めること、スイッチを作ること、短時間にすることです。 今回は入浴前の4分...