dm-nagoya

論文紹介等

アルコール飲むと食事からもエネルギー摂取増えて体重増えるよ

Twitterでアルコール消費により食事量が増えるということを検証したメタ解析が紹介させていたので、Abstractを読んでみました。 お酒を飲むと太りやすいのは、お酒が原因なのか、食事の量が増えることが原因なのかを検証したメタ解析。...
論文紹介等

経口セマグルチドはエンパグリフロジンよりもHbA1c改善するかも

経口セマグルチドとエンパグリフロジンを比較した論文をみつけたので紹介します。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン RCT 非盲検化 52W P: 患者背景 メトホルミンで効果不十分な2型糖尿病患者...
論文紹介等

軽症の閉塞性睡眠時無呼吸症でもCPAPで生活の質が改善するかも

糖尿病クリニックですが、閉塞性睡眠時無呼吸症を合併している方もいるため当院でもCPAP導入・継続が可能です。 今の保険診療ではAHIで20以上でないとCPAPは保険適応にならないのですが、AHIが20未満の軽症閉塞性睡眠時無呼吸症でも...
論文紹介等

1型糖尿病診断後の末期腎疾患は20年で2.2%、30年で7.0%

2型糖尿病診断後の末期腎疾患リスクに続いて、1型糖尿病でも末期腎疾患リスク論文があったので紹介します。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン コホート P: 患者背景 フィンランドの1型...
論文紹介等

2型糖尿病診断後の末期腎疾患は10年で0.29%、20年で0.74%

糖尿病の合併症である腎不全は最終的に末期腎疾患(ESRD)という状態になり、透析や腎移植といった治療が必要になってきます。 糖尿病性腎症による透析導入は新規透析導入率全体の42.5%を占めます。 今回はフィンランドより2型糖尿病診断後の末...
論文紹介等

nonHDLコレステロールは心血管イベントリスクの参考になるよ

脂質異常症の管理として、LDLコレステロールがよく使われていますが、Friedewald推定式で計測されたLDLコレステロールは中性脂肪や食事の影響が出やすいため、中性脂肪が高い場合や食後採血の場合はnonHDLコレステロールを参考にして治...
論文紹介(医療従事者向け)

睡眠時間は体重増加と内蔵型肥満のリスクかも。

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン Prospective Study P: 患者背景 30歳から79歳まで 中国の成人 E: 介入 C:比較 睡眠時間 O: アウトカム 体重...
論文紹介等

2型糖尿病患者の睡眠時間と睡眠の質はHbA1cと増加と関連する。

睡眠時間と睡眠の質は糖尿病患者の血糖コントロールに関係する。という論文です。 糖尿病治療として普段の睡眠状況を伺うのですが、血糖コントロールが良くない方や悪化した方はやはり睡眠時間がとれていないことが多い気がしていたところ、この論文がでて...
論文紹介等

コンピュータ自動フィードバックは体重減少に有効かも

体重減少関連の論文を調べていたところ、 RCTでコンピューター自動フィードバックについての報告があったので紹介します。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン RCT P: 患者背景 92...
論文紹介等

青年期に糖尿病がある場合は精神疾患発症に注意が必要かもしれない。

糖尿病外来をしていると、精神科の受診歴や精神疾患の併存が珍しくなくないです。 糖尿病は精神疾患の発症リスクなのかな?と思っていたらこのような報告があったので紹介します。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験...
タイトルとURLをコピーしました