2型糖尿病

論文紹介等

2型糖尿病への週1回インスリン製剤の効果は1日1回製剤に匹敵かも

インスリンには基礎インスリンと追加インスリンがあり、基礎インスリンに関しては、1日1回ではなく、1週間に1回の製剤があってほしいと思っていたところ報告がでたので、紹介します。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります ...
論文紹介等

診断早期の2型糖尿病で10kg以上の体重減少で50%以上が糖尿病寛解

糖尿病治療として体重を減らすことを説明していますが、実際どれくらい減らせば薬やめれるの?ということについて報告があったので紹介します。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン An Open-Labe...
論文紹介等

妊娠糖尿病の既往があると10倍ほど2型糖尿病になりやすいかも。

妊娠糖尿病(GDM)があると2型糖尿病になりやすいことが分かっており、出産後に75gOGTTを行うことが推奨されています。 今回メタアナリシスでGDM既往の女性が実際どれくらい2型糖尿病になりやすいかを報告した論文を見つけたので紹介し...
論文紹介等

経口セマグルチド(リベルサス)はエンパグリフロジンよりもHbA1c改善するかも

経口セマグルチドとエンパグリフロジンを比較した論文をみつけたので紹介します。 ■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン RCT 非盲検化 52W P: 患者背景 メトホルミンで効果不十分な2型糖尿病患者...
論文紹介等

2型糖尿病診断後の末期腎疾患は10年で0.29%、20年で0.74%

糖尿病の合併症である腎不全は最終的に末期腎疾患(ESRD)という状態になり、透析や腎移植といった治療が必要になってきます。 糖尿病性腎症による透析導入は新規透析導入率全体の42.5%を占めます。 今回はフィンランドより2型糖尿病診断後の末...
論文紹介等

2型糖尿病患者の睡眠時間と睡眠の質はHbA1cと増加と関連する。

睡眠時間と睡眠の質は糖尿病患者の血糖コントロールに関係する。という論文です。 糖尿病治療として普段の睡眠状況を伺うのですが、血糖コントロールが良くない方や悪化した方はやはり睡眠時間がとれていないことが多い気がしていたところ、この論文がでて...
論文紹介等

インフルエンザワクチンを接種した2型糖尿病・非糖尿病は死亡率が低いかも。

インフルエンザワクチンのシーズンなので少しずつインフルエンザ関連の論文を紹介していきたいと思います。 今回はインフルエンザワクチンについてのpopulation baesdなコホート研究です ■ 試験デザイン TPECOに分けると...
論文紹介等

SGLT2阻害薬は尿路感染症を増やさないっぽいという大規模コホート研究報告

ジャディアンスや、カナグルなどのSGLT2阻害薬は、尿から糖を排泄することにより血糖を下げる糖尿病治療薬です。 細菌の栄養となりうる糖を尿から排泄するため尿路感染症を増やすという副作用は販売当初から予想されていました。 実際にはSGL...
論文紹介等

2型糖尿病患者へのGLP1作動薬で膵炎と膵癌は増加せず、胆石は増えるかも

糖尿病治療薬として存在感がでているGLP1作動薬ですが、膵炎などの膵臓疾患との関連については懸念されておりました。 2型糖尿病患者さんに対してGLP1作動薬を使用した11週以上のRCTをメタアナリシスした論文を見つけたので紹介します。...
論文紹介等

VADT後15年のフォローアップではレガシー効果認めず

■ 試験デザイン TPECOに分けると下記のようになります T: 試験デザイン コホート VADT後のフォローアップ P: 患者背景 2型糖尿病 VADT時:平均罹病期間11.5年 E: 介入 厳格治療群 HbA1...
タイトルとURLをコピーしました