GLP-1ダイエット外来

 

GLP1作動薬の使用経験豊富な糖尿病専門医が行うGLP1ダイエット外来です。
しっかりとした根拠論文が確認できたので、当院でも開設を決めました。

 

GLP1ダイエット外来の予約はこちら

 

痩せる理由

 

GLP1作動薬には下記の作用があります。

  • 食欲低下作用
  • 胃・消化管運動抑制作用

つまり食欲が低下し、少しの量で満腹感が持続する作用があります。
そのため無理のない体重減少が期待できます。

 

他国では肥満症治療薬として承認されています。

 

GLP1作動薬は他国では肥満症治療薬として承認されております。
日本では残念ながら承認されていないため、自費診療になっています。

  • 2014年12月 アメリカFDAが肥満治療薬として承認
  • 2015年2月 カナダで肥満症補助薬として承認
  • 2015年3月 欧州で肥満症治療薬として承認

当院が導入した根拠論文

 

 

GLP1作動薬の体重減少効果は理論上だけでなく、しっかりとした臨床データがあります。 この臨床データを確認ができたので、当院でもGLP1作動薬を使用したダイエット外来を開設することに決めました。

副作用について

 

もともと糖尿病治療薬として販売されたGLP1作動薬ですが、リラグルチド(ビクトーザ)を使用した肥満治療の論文では低血糖の有意な増加は認めませんでした。

 

多い副作用は、吐き気や嘔吐、下痢です。 こちらの頻度は多く軽い症状も含めると10%以上で報告があります。 用量の増加速度を緩やかにして対策していきます。

 

打ち方の練習

 

GLP1ダイエットで使用するのはビクトーザという注射薬です。
ご自身で1日1回腹部に注射する必要があります。 自分で注射をするのは初めてという方がほとんどだと思います。

 

GLP1作動薬はもともと糖尿病治療薬として販売されていたため、糖尿病内科クリニックである当院では、GLP1作動薬の導入実績が豊富です。 スタッフによる導入指導はマニュアル化されております。

 

費用

 

シンプルプライス 1ヶ月 12万円 (税別)

ビクトーザ日数分、診察料、検査料、消毒薬、注射針をすべて込みの価格です。
副作用がないことが確認できれば、3ヶ月毎の長期処方も可能です。

 

GLP1作動薬はビクトーザを使用します。 2019年9月からビクトーザの上限用量が1.8mgに変更される予定ですが、その場合も上記値段です。

 

通院の流れ

GLP1ダイエット外来の予約はこちらから

初回目と2回目の受診時には自己注射手技の指導と確認が必要です。 土曜日はスタッフの都合上、手技の指導が難しいため初回目と2回目は平日のみの対応です。

3回目以降の受診は土曜日でも可能です。

 

初診時に問診・身体測定・血液検査・尿検査を行い適応を決めます。
なおBMI 25未満の方は適応外とします。

開始後1ヶ月以内での再診を行い、ここでも問診・血液検査・尿検査を行い、副作用の有無を調べます。

 

ここの時点で副作用等がなければ、次からは最大3ヶ月までの長期処方が可能です。

 

治療中断される場合の返金について

 

GLP1作動薬は嘔気、嘔吐、下痢などで治療中断される方がいます。 また他の副作用などで継続が難しくなった場合、6万円を返金します。

 

GLP1ダイエット外来の予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました