日本ではGWと正月が最も体重が増える休暇かもしれない。

論文紹介等

季節や休暇によって体重の変動は臨床的あるいは体験的に実感していたのですが、論文として報告されていたので紹介します。

Withingというwifiと連動する体重計を用いて、1年間の体重変動を報告している論文です。

■ 試験デザイン

TPECOに分けると下記のようになります

T: 試験デザイン

観察研究

P: 患者背景

ワイヤレススケール(WS50、Withings)使用者

E: 介入 C:比較

1年間の個人間体重比較

O: アウトカム

体重変化

■ 結果

In all three countries, the participants’ weight rose within 10 days after Christmas Day, as compared with 10 days before Christmas Day (weight increases of 0.4% in the United States, P<0.001; 0.6% in Germany, P<0.001; and 0.5% in Japan, P=0.005). Significant weight gain was also observed around other major holidays in each country: participants’ weight increased by 0.3% in Japan during Golden Week (P<0.001), 0.2% in Germany during the Easter holiday (P<0.001), and 0.2% in the United States during the Thanksgiving holiday (P<0.001). Overall, from the minimum annual weight (Figure 1), weight increased by 0.7% (0.6 kg) in the participants from the United States and 1.0% (0.8 kg) in those from Germany during the Christmas–New Year holiday season and 0.7% (0.5 kg) in participants from Japan during Golden Week.

文献1のFigure 1. より引用

日本ではGWと正月の休暇が体重増加と関連しているようです。 特に今年(*2020年)は新型コロナウイルス対策のため外出自粛が要求されており、例年よりも体重増加している方が多い印象です。

実感として感じていたことを、論文として報告していただけるのはありがたいですね。 明日からの診療に使える良い論文だと思います。

■ 参照文献

  1. Helander EE et al., N Engl J Med. 2016 Sep 22;375(12):1200-2.
    PMID: 27653588

 

■ 当院の紹介

名古屋糖尿病内科クリニック
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3丁目22番8号 大東海ビル3階308号

名古屋中村区で糖尿病内科を開業しています。 糖尿病が専門分野で高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が得意ですがCPAPなど他の内科も対応しています。 また外来でのインスリン導入や栄養指導が可能で、妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠にも対応できます。

患者さまの転居等でご紹介先をお探しの方は是非当院へ。
GLP1作動薬を使ったGLP1ダイエット外来を始めてから、メディカルダイエットや医療痩身についても興味を持っています。

 

名古屋糖尿病内科クリニック 院長・糖尿病専門医 平井博之

タイトルとURLをコピーしました